現地発、クロアチアでの生活に役立つ情報満載・リンク充実のクロアチア生活情報総合サイト
クロアチア観光、個人旅行をより深く楽しみたい人にもお勧め!

 
 
   
日本食  

海外で生活していると日本食が恋しくなったり、現地の人に期待されたりするもの。クロアチアで手に入る食材でも作れる家庭料理のアイデアのほか、クロアチアでは手に入らない食材など。ザグレブには日本料理の達人がたくさんいるので私ごときが僭越ですが・・・

クロアチア料理

レシピ

ワイン

その他の飲み物

レストラン

 

日本料理

日本料理のアイデア

手に入らないもの

買えるもの

食材関連の語彙

その他

 


 

 

ザグレブの食材でつくる日本料理のアイデア

 

具体的レシピは各種インターネットサイトで調べてください。ここではアイデアのみ・・・

ブログもやっています。カテゴリーで「日本食」をクリックしてください。

 

魚料理

クロアチアは新鮮な魚介類が手に入る。目が澄んでいて、えらがきれいな赤なら鮮度は高い。

さばSkusa(スクシャ):味噌煮、カレー醤油揚げ(衣は片栗粉)など

いわしSardine(サーディン)フライ、蒲焼、香味焼き、生姜煮など

かつおParamida(パラミダ)たたき、韓国風漬けなど

あじSarun(シャルン):南蛮漬け、干物、ムニエルなど

新鮮な魚ならなんでも刺身にできるが、黒鯛Orada(オラダ)すずきBrancin(ブランチン)、いかSipa(シパ)、Lignja(リグニャ)などが通年手に入り易い。

あんこう:なべ

まぐろ:

メルルーサOslic(オスリッチ):フライ

しゃけLosos(ロソス):塩鮭(切り身にして塩適量をすり込み1週間程度冷凍庫で保存後解凍して焼く)、ホイル焼き、香味焼きなど

煮干(正式なことは不明だが、小魚を塩水で5分ほどボイルしたあとレンジまたはオーブンで30分程度乾燥させ、さらに屋内の日当たり、風通しのいいところで2-3日干したら「もどき」ができた)

たこ:酢の物、刺身など(冷凍してあるものは約1時間で茹で上がるが、生のものは1時間半程度必要。硬さの好みによる。フォーク等で刺して確かめる)

【便利な表現】

 Nocasnji ulov(ノチャシュニ・ウロヴ) 前夜取れたもの

 Mogu li vidjeti skrge?(モグリ・ヴィディエティ・シュクルゲ?) えらを見せてください 

 Molim vas, ocistite.(モーリム・バス オチスティテ) きれいにしてください

   (うろこや内臓等をきれいにしてもらうとき。余分にお金を払う場合もある)

【便利なリンク】

 魚の水洗いと卸し方(辻調理師学校)

 自分でさばいてみよう(JF-NET海と魚と人の総合ホームページ)

 お魚料理大全(JF-NET)

 パリの魚屋さんで売っている魚の図鑑

 

野菜料理

大根・コールラビ:なます、梅おかかあえ、ふろふき、おろし、千切りサラダなど

白菜・キャベツの漬物:適当な大きさに切って塩を適量加え、しんなりするまで待つ

なす:田楽、揚げ浸し、麻婆なすなど

酢の物:きゅうり、コールラビなど

ブリトバ:日本名は「○」というらしい。鉄分が豊富。おひたし、煮物など

かぼちゃ:色が濃いオレンジのものがよいらしい

その他

豚肉:生姜焼き、トンカツ(パン粉は下のとおり自分で作る!)

鶏肉:親子どんぶり、レバーの甘辛煮

ぎょうざ:ブレク用の薄皮で、卵なし、薄めの生地を利用する。乾燥しやすいので取り扱い要注意。小麦粉溶液で包む。白菜やにらがない場合はリークがお勧め。

馬刺し:ドラツ屋内に馬肉専門店があり、生で食べられる肉も売っている。

茶碗蒸し

お好み焼き

うどん:手打ちうどん

やきそば、ラーメン:

 

ザグレブで手に入らないもの

 

だしのもと、かつおぶし、干しえび、キムチのもと、ぽん酢、黒ゴマペースト(白ゴマペーストは健康食品店でTahinという名前である)、酒、お好み焼きソース、ラー油、和からし、あげ、豆板醤など。

 

「薄あげ」はいなりずし用に調理済みのパックが保存がきき、ひじきや切り干し大根の煮物、うどんに使えて便利。

 

豆腐もマクロビの店等で売っているが、日本の豆腐には程遠く、たまにウィーンの日本食材店で紙パックに入った長期保存のできるものを買っている。

 

ザグレブで買えるもの

 

みそ

400g

48Kn

960

しょうゆ

500ml

35Kn

700

米酢

500ml

55Kn

1100

ひじき

50g

35Kn

700

わかめ

50g

33Kn

660

切り干し大根

40g

16Kn

320

 

他にもみりん、ごま油、梅干、のり、こんぶ、小豆、玄米、各種雑穀などが健康食品店(マクロビオティックスのお店)www.biovega.hr(クロアチア語のみ)やメルカートル(スロベニア系スーパーマーケット)の健康食品コーナー等で購入可。マクロビなので玄米菜食系のものに限定される。品質は良質といえるが値段は高め。

 

乾物系は送料を考慮しても船便なら日本から送ったほうが安いかも(日本からの送料は航空便1キロ3350円、2キロ5050円、船便2キロ2350円、10キロ6750円、20キロ10250円。航空便は約1週間、船便は約2ヶ月)。

 

国際郵便料金表はこちら

 

Heinzや中華ブランドの「醤油」は、それぞれ照焼ソース風(甘い)や中華風なため和食には向かないと思う。

 

Heinzの「醤油」はにんにく、豆板醤を足して鶏肉を漬け込んで焼くと結構いける。

はイタリアの米がまあまあいける。(写真左はもち米風1キロ約18クナ、右はうるち米風1キロ12クナ)

片栗粉代用品、コーンスターチ

 

生姜、白ゴマ、ねぎはドラツ等で通年購入可。大根、白菜はドラツ・メルカートルで冬期のみ購入可。大根がない季節にはコールラビが便利。しいたけ(干し・生)はあるときとないときがある。

 

ごまは煎って擂る。我が家の場合、すり鉢がないのでミキサーにかけて冷蔵庫保存。

 

もやしは自家栽培可能らしい。

 

パン粉はこちらではシュニッツェル用のきめの細かいものしかないので、残り物のパンをおろしがねでおろすかミキサーで砕く。パンは固くならないうちのほうが加工しやすい。残ったら冷凍庫へ。

 

食材に関するクロアチア語 (工事中)

 

小麦粉:薄力粉 強力粉

粉:そば粉、ライ麦、

肉の部位

 

その他

 

クロアチアではドイツと同じく茹ですぎのやわらかいパスタが好まれるらしく、アルデンテのパスタがお好みなら、袋に書いてある標準ゆで時間の半分+1-2分にするとほどよく茹であがる。

 

ヨーロッパでは生卵は食中毒の可能性があるので食べてはいけないことになっているが、クロアチアでは食べても大丈夫っぽい。ただし自己責任でお願いします。

          当サイトの情報は情報提供者の体験値です。ご参考程度にお読み下さい。トラブル・損害等の責任は一切負いかねますのでご了承ください。

                        当サイトはリンクフリーです。リンクしていただいた際はご一報いただければ幸甚です。

                               当サイトからの複写・転載を希望される場合は事前に必ずご一報ください。

                                            サイトマップはこちら

                                      ご意見・ご要望・情報等をお待ちしています!

                                             Email: living-in-croatia@email.t-com.hr

                                      Copyright 2006-2007 Living in Croatia, All rights reserved.


     
inserted by FC2 system